小児矯正 | 豊田市の審美歯科・小児矯正はぜんなみデンタルクリニックへ

ぜんなみデンタルクリニック

小児矯正

乳歯から永久歯に生え変わる時期、6~10歳が、矯正治療を始める上では最適です。また、乳歯段階で検査に来ていただくと、より万全な準備ができます。具体的には、永久歯が正しく生えそろうために顎の環境を整えます。顎を広げたり舌の癖を直すことで、永久歯がより綺麗に生えそろいますので、治療にかかる期間や費用が少なく済むのです。

ちなみに、乳歯の段階で歯と歯の間に隙間ができているくらいがちょうど良いのです。乳歯は永久歯に比べて小さいので、隙間が空いているということは永久歯が生えてくるスペースが十分に確保できているということなのです。逆に、乳歯の段階で綺麗な歯並びのお子様は、必ずと言って良いほど悪い歯並びになります。

技術の進歩により、大人になってからでも矯正治療が容易になりました。しかし、子供の頃から治療している方に比べればまだまだ高額ですし、抜歯のリスクも高いです。ぜひ、将来のためにも、早いうちから当院までお越しください。

小児矯正のメリット

虫歯に強くなる

歯並びが悪いと、食べ残しが隙間に挟まりやすくなり、歯磨きをしてもブラシが隙間などに届かず、磨き残しから虫歯になってしまいます。綺麗な歯並びであれば、歯磨きがしやすくなり、虫歯になりにくくなるでしょう。

虫歯に強くなる

肩こりや頭痛が改善される

歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなりますが、不自然な噛み合わせにより首や肩の筋肉に余計な力が入ります。これにより、大人になってから肩こりや頭痛を引き起こす他、猫背など姿勢の悪化につながります。

肩こりや頭痛が改善される

笑顔に自信が持てる

歯並びが悪いというだけで笑顔に自信が持てなくなる方は大勢いらっしゃいます。子どものうちはもちろんですが、大人になってからもついて回る大きな問題です。現在では、矯正治療は多くの方に周知されており、装置を付けている子どもの数も増えてきました。お子様の将来のためにも、ぜひ早い段階での矯正治療をお勧めします。

笑顔に自信が持てる

第一期治療

乳歯から永久歯に生え変わるまでの時期の治療を第一期治療と言います。この時期は、成長に合わせて顎の骨格を整える治療を行います。出っ歯や受け口、顎のズレを改善したり、永久歯が並ぶスペースを十分に広げるために顎を広くするための治療を行います。

骨格が成長するこの時期にしかできない、重要な治療です。上手くいけば、この第一期治療のみで矯正治療を終了することもあります。

第一期治療

第二期治療

永久歯が生えそろってからの治療です。大人の方が使用するブラケット装置を利用して、歯並びを改善していきます。治療の流れは、大人の方とほぼ同じです。

しかし、生えかわり期から治療を続けている方は、顎が綺麗に調整されているため、治療が比較的スムーズに進みます。大人になってから始める場合は、顎がこれ以上成長しないため、スペースに入りきらない歯は抜歯しなければなりません。顎が正しく成長していれば、スペース自体は十分にとれていることが多いため、抜歯の可能性は大きく減ります。

第二期治療

第二期治療(永久歯列期の治療)について詳しくはこちら

料金(税別)

矯正相談 無料
矯正精密検査 ¥30,000
一次治療 ¥300,000
二次治療 ¥300,000
処置料/1回 ¥3,000

ページトップへ戻る